トイレトラブルが発生したら専門家に今すぐ電話

男の人
  1. ホーム
  2. もしもの時に備えよう

もしもの時に備えよう

トイレ

構造を知っておこう

毎日使用しているトイレのトラブルは、事前に用意しておかないと即座に対応することができません。あらかじめ万が一の際の専門業者の連絡先を知っておくとよいでしょう。また、トイレの構造を知っておくことで、水があふれたり水が流れないといったトイレのトラブルに迅速に対応することができます。使用後、レバーを引くと便器に水を流すための蓋が開きます。通常ゴムで作られていて、排水が終わって水位が低くなると閉まる構造になっています。このゴムの蓋が劣化していると常時水が流れていたり、レバーとふたを繋げるチェーンが切れる事で蓋が開かなくなり、水が流れなくなります。専門業者に浮きゴムを交換してもらうと改善されます。また、タンクの中にはピストンバブルに繋がれた浮き球が浮いています。浮き球が浮き沈みすることで繋がれたピストンバブルが稼働して止水栓から水を供給してくれます。浮き球が割れていると中に水が入り込み、浮くことができなくなることでタンクに大量の水が流れてしまいます。このトイレのトラブルは、タンクから水があふれないようサイフォンというパイプから水を排出して危機を回避できるようになっています。しかし、常時給水されてしまうため、業者が来るまでの間は止水栓を止め、使用を控えておきましょう。また、ピストンバブルの動きを制御しているボールタップが故障すると排水が止まらなくなります。スムーズに稼働させるためには定期的に業者へ水垢の除去やパッキンの交換をしてもらうことでトイレのトラブルを未然に防ぐことができます。